Back to Top

Biscuit Warmer

busw1

busw2

busw3

busw4

busw5

busw6

エドワーディアンのシルバープレート製・ビスケットウォーマーです。

19世紀後半頃からティータイムをより優雅なものにするアイテムとしてポピュラーになったビスケットウォーマーは、中にビスケット(今のスコーンのようなもの)やミンスパイ、ティーケーキ等を入れ暖炉の前で温め保温し、折り畳みを開いてそのままサーヴできる優れものです。さまざまな形状のビスケットウォーマーがありますが、この作品はふっくらと丸みを帯びたシェルシェイプが可愛らしく、幅の異なる模様のラインとスクロールしたハンドルがエレガントでデザインのバランスがとても良いです。これだけの重厚な作品ですので純銀で作られたものは非常に高額で、通常市場に出てくるビスケットウォーマーに関してはシルバープレートが主流です。販売の作品は、シェフィールド製のトップクオリティーを誇るシルバースミスとして知られたフェントンブラザーズによるものです。また、このビスケットウォーマーが1904年に現在も続くスコットランド貴族のヒューム伯爵によって主催されたショーの受賞者に贈呈されたものであることが記されており(正面にエングレイヴィングで「Lanark show presented by the Earl of Home 1904」)、来歴のわかる貴重なアンティーク品のひとつとなっています。


品番 / Ref No.

SV-16

状態 / Condition

大きなダメージ・修理等ございません。シルバープレートはつやが良く、開閉も問題ありません。内部の透かしバーは取り外しの開閉がやや硬く少しコツがいります。刻印のある底の部分にシルバープレートの剥落(最後の写真の黒い点)、内部の鍍金されている箇所にところどころ点々と小さな剥落がありますが、経年を考慮するととても良い状態で残っている作品です。軽く磨いた状態でお送りします。

ホールマーク / Hallmarks

シルバースミス=F.BRS(フェントンブラザーズ・シェフィールド) STANIFORTH'S PATENT 9442 1904年頃

サイズ / Size (cm)

高さ約25.5 畳んだ時の最大幅約22 広げたときの最大幅約33

価格 / Price

ご売約済み sold